コスパ最強 ハイレゾ対応ポータブル音楽プレーヤー「FiiO X1」レビュー

私は今までWalkman F800 Seriesを使っていたのですが、Android搭載による様々な弊害(主にバッテリー問題)や先日画面を傷つけてしまったことなどの理由から、新しいポータブル音楽プレーヤーを探していました。そしてこの度、巷で話題のコストパフォーマンスの素晴らしいハイレゾ対応ポータブル音楽プレーヤー「FiiO X1」を購入しましたので、他ライバル機種との比較も絡めてがっつりレビューしていこうと思います。

FiiO X1について

FiiO X1は、ヘッドホンアンプなどで有名な中国のFiiO社(私も以前ここのヘッドホンアンプを使用していました)が開発した、コストパフォーマンスの優れたハイレゾ対応ポータブル音楽プレーヤーです。詳しくは公式ホームページ(英語版)を見ていただくとして、ここでは特長をまとめておきます。

  • APE/FLAC/ALAC/WMA/WMV  最大192KHz/24Bit の再生に対応 (MP3/AAC/OGGなどの圧縮音源の再生ももちろん可能)
  • Texas Instruments社の最新ハイクオリティDACチップ “PCM5142” を搭載
  • Intersil社の最新ハイクオリティオペアンプ “ISL28291” を搭載
  • ライン出力に対応
  • 96.6×57×14mm 106g のコンパクトさを実現
  • 新しいUI&スクロールホイール+X型のキー配列
  • MicroSD 最大128GB 対応 (内蔵ストレージはなし)
  • 1700mAhバッテリー (約12時間連続再生可能)

家電量販店などでは日本(オヤイデ電気)版が税込22,000円程で売られていますが、私は並行輸入品をおすすめします。なぜなら、15,000円程で購入できるからです。ライバル機種と比べても驚きの安さですよね。もちろん、並行輸入品でも日本語表示は出来ますのでなんの問題もありません。日本版との違いは、8GBのmicroSDがついてくるか否かですが、このプレーヤーを買うならば他にもっと大容量のメモリを買ったほうが結局は使いやすくなるでしょうから、問題ないでしょう(あとはクイックスタートガイドが英語であるくらい)。

私はAmazonで購入しました。

【並行輸入品】FiiO X1 ハイレゾ対応ミュージックプレーヤー

レビュー

外観・パッケージ

並行輸入品は以下の様なパッケージです。私はシルバーを購入しました。

CM150125-162115001

パッケージ内容は以下のとおり。なんといっても素晴らしいのは、シリコンケースが付属している上に、既に1枚目の画面保護シートが装着されている点です(カバーシートを剥がすだけ)。私のように画面保護シートを貼るのが下手くそな人にとっては神対応です(笑)。また、この他にUSB充電ケーブル・クイックスタートガイド・画面保護シート予備2枚・着せ替えシート3枚が付属しています。これがWalkmanだと、ケースや画面保護シートやらを別に用意しなければならず、またそこでも経費がかかりますので、この付属品の充実ぶりは高く評価したいと思います。

CM150125-1628250021

本体は非常に高級感があります(これにシリコンケースを付けたくないくらいです)。ボタンの作りもしっかりしていますし、何よりコンパクトです。持ちやすく軽いです。(表はiPod Classicを連想させるデザインですね)

CM150125-163548003

CM150125-163552004

(因みに、リセットボタンは横の電源ボタンと音量調節ボタンの間にあります)

UI・操作感

FiiO X1はポータブル音楽プレーヤーですので、音楽再生に特化された独自OSが搭載されています。設定も豊富で使いやすいです。フォルダ階層での操作も可能ですので、音楽管理ソフトなどは不要で、PCのファイルブラウザで直接ドラッグ&ドロップして好きなように配置できます。順番に関しても、わざわざタグの編集をせずとも、ファイル名に番号をつければその番号順に表示してくれます(設定でタグに埋め込まれたトラック順に表示させることも可能)ので楽に管理できます。また、背景色の変更も可能です。

CM150127-170259007

スクロールホイールでの操作は、昔使っていたiPod Classicの操作感を思い出させます。iPod Classicのクイックホイールとは違い、クリック感があるのが良いです。ボタンについても無駄がなくすっきりしています。

音質

肝心の音質レビューに参りたいと思います。※私個人の感想ですので参考までにご覧ください。

ヘッドホンは以下で紹介した私一番のお気に入りのものを使用しています。
コスパ高くおすすめなポータブルヘッドホン「JVC HA-S680」レビュー | Kotyan Life

 

 

 

CM150127-165549004

低音がしっかり出ていて非常にパワーがあり、バランスよく鳴らしてくれている印象があります。ヘッドホンに合わせてイコライザを設定すれば自分好みの音質にすることが出来ます。ヘッドホンとイコライザの設定によって音質に差は出てくると思いますが、私の環境では、特に中高音域の解像度が非常に高く、それでいて低音域もしっかり鳴っていて、音に広がりを感じることが出来ています。今まで使用していたWalkman F800 Seriesより遥かに音が良く、非常に満足しています。また、MP3(不可逆圧縮)とFLAC(可逆圧縮)の違いがよりはっきり分かるようになりました。

CM150125-171104007

ストレージについて

内蔵ストレージは搭載されていないので、microSD (最大128GB) を用意する必要があります。私は一番コストパフォーマンスの高いTranscendのmicroSDXC 64GBを購入しました。(Amazonだととても安い!)

【Amazon.co.jp限定】Transcend microSDXCカード 64GB Class10 UHS-I対応 (無期限保証) TS64GUSDU1E (FFP)

Transcendは永久保証がついており(製品登録する必要あり)、他にもTranscendのメモリを使ってきていますが、全く壊れる気配もないのでおすすめです。

他ライバル機種との比較

FiiO X1はハイレゾ入門機としての位置付けですので、他ライバル機種といってもWalkman A10 Seriesに絞られるのではないでしょうか。

付属品を含めてコストパフォーマンスは圧倒的にFiiO X1に軍配が上がります。Walkman A10とは異なり、FiiO X1に内蔵ストレージはありませんが、FiiO X1本体+microSD の値段でもWalkman A10に勝っています。

バッテリーに関しては公称時間はWalkman A10の勝ちですが、FiiO X1を使っていても特に不満はありません。今までAndroidを搭載していたWalkman F800を使用していた者としては十分に満足できています。しかも今後のFWのアップデートで更に長くなるようなので期待です。

あとは操作感ですね。ホイール操作が好きな方はFiiO X1一択でしょう。

音質に関してですが、SONYの音質設定(Clear Audio+など)やデジタルアンプS-Master HXの音が好きな方以外は、FiiO X1でもユーザーカスタムイコライザが使用できますし、高性能DAC/オペアンプを積んでいるのでFiiO X1がおすすめです。

結局は、コストパフォーマンスに優れたFiiO X1に軍配が上がると思います。

感想

久しぶりに良い買い物が出来たと思っています。ハイレゾ対応ポータブル音楽プレーヤーがかなり安い価格で購入できたということに驚きですし、付属品の充実さを始め、音質も素晴らしいので大満足です。これを機にハイレゾ音源にも手をつけ始めつつ、これからメインでどんどん使っていきたいと思います。

CM150126-211724001

おまけ (FWアップデート・beta版インストールについて)

FiiOはFWのアップデートを頻繁に行ってくれることも特長です。stable版・beta版FWがForumにてアップされています。自己責任で行ってください。

コチラ からX1の(stable)安定版か(beta)ベータ版を選択して、FWファイルをダウンロードします。ダウンロードしたファイルを解凍後、中の.fwファイルをmicroSDのroot(先頭)部分において、本体の電源を切り、左上のショートカットキーを押しながら電源を入れると、アップデート作業が始まります。

CM150125-165154005

アップデート完了後、設定 -> X1について を見ると、FWのバージョンがアップデートされていることがわかります。

追記 (2014/02/14):FWを弄ってカスタマイズする方法についての記事をアップしました。
FiiO X1のFWを弄って色々カスタマイズしてみた [方法] | Kotyan Life

 

 

 

 


【並行輸入品】FiiO X1 ハイレゾ対応ミュージックプレーヤー

【Amazon.co.jp限定】Transcend microSDXCカード 64GB Class10 UHS-I対応 (無期限保証) TS64GUSDU1E (FFP)

7 thoughts on “コスパ最強 ハイレゾ対応ポータブル音楽プレーヤー「FiiO X1」レビュー”

  1. はじめまして。
    PSPのCFWの検索でここに辿り着き、参考にさせていただいております。
    このたび、このFiioX1の紹介記事を読み、iPodを持っているにもかかわらず衝動買いして
    しまいました。
    X3と悩んだんですが、ここは安いX1に落ち着きました。
    ちなみに私はアメリカのAmazonで購入しましたので、日本で買うより安くなりました。
    64GBの惨Disc製microSDと合わせても送料込みで1万5〜6千円程度だったと思います。
    (中国のAmazonで買うほうが高いのはナゼなんでしょう。。)
    本日予定より早く到着して、ただ今充電を兼ねてメモリーカードにWAVファイルを転送中です。
    本来は充電はPCからではなく家庭用電源からがオススメのようですが。
    私は手先が不器用なのでまず1枚目の画面保護シールを無駄にして、2枚目は空気が入りました。(T_T)
    e-onkyoで購入したハイレゾ音源が1つあるのと、XLDでアップサンプリングしてリッピングした偽ハイレゾ音源を多数用意しておりましたので、転送に3時間かかる様です。
    早くウォーキング中に聴いてみたいです。
    また有用な記事を期待しております。
    2009年製のMacBook Proがもう限界なので、買い換えないといけないんですよね……。

  2. お久し振りです。

    このx1は本当に、ハイレゾ対応なのでしょうか?

    再生周波数域が20Hz~20kHzとありますがこれではハイレゾではないようか気がします。どうなんでしょうか?

      1. こちらの記事も参照しましてFIIO X1を購入いたしました。
        有り難うございます。音に関しては聴感上とても素晴らしいのでその点満足しておりますが、当方レコーディングエンジニアなども仕事としてやっておりますので、早速X1の周波数特性を計測してみました。

        そうしましたら驚くなかれ、高域の周波数特性は45kHzははるかに超えて90k近くまで問題なく再生されていました。

        何故メーカーはこのハイレゾ対応度(笑)をキチンと公開しないのか?疑問ですが、いずれにしろこれは素晴らしく良い製品であることは間違いありませんね。

        1. おお!それは驚きです!検証お疲れ様です。改めてFiiO X1のコスパの良さを実感できますね。

  3. 初めまして、旭日と申します、皆様の書込み読んで、今まで何処のメーカーにするか、迷っていましたいましたが、今日購入を決め、注文致しました、又解らないところが有りましら、メール致しますので、宜しくお願い致します。

あつ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

※投稿前にコメントポリシーをご確認ください