iOS 7からiOS 6にダウングレードしてみた [方法]

iOS 7について実際に使ってみた感じから考察してみる

で述べましたが、iPhone 4にとってiOS 7は非常に重く、実用的ではありません。ダウングレードしたいと思う人もいるでしょう。今回は、iOS 7からiOS 6にダウングレードする方法を紹介します。

注意

  • iPhone 4のみダウングレード可能です
  • Windows環境が必要です
  • TinyUmbrellaで事前にiOS 6(ダウングレードするバージョン)のSHSHを取得してある必要があります
  • 全て自己責任で行ってください

ダウングレード方法

1. iTunes 11.1以上を使用している場合は、

iTunes 11.1から11.0.5へのダウングレードしてみた | Kotyan Life

 

 

 

を参考に、v11.0.5にダウングレードしてください。

2. 認証済みFWを作成するツール「iFaith」をダウンロードします。

(※iFaithは、認証済みFWの作成のほか、SHSHの取得や、デバイスからのSHSH抜き出しも出来ますが、今回はそれらの機能は使用しないので紹介しません)

3. iFaithを起動し、左上の”Build signed  IPSW w/Blobs”をクリックして始めます。

f:id:kotyan:20131010021346j:plain

4. ダウングレードするバージョンのSHSH(今回はiOS 7.0.2からiOS 6.1.2にダウングレードします)の選択画面がでるので選択します。その後ダウングレードするバージョンのFWファイルを選択します。

f:id:kotyan:20131010022001j:plain

5. 右下の”Build IPSW”を選択します。

f:id:kotyan:20131010022215j:plain

6. 認証済みFWが作成されます。(場所はデスクトップです)

f:id:kotyan:20131010022438j:plain

7. Pwned DFU Modeで接続します。

  • デバイスの電源を切って、スリープボタンを3秒長押し
  • スリープボタンとホームボタンを同時に10秒長押し
  • スリープボタンを離してホームボタンを押しつづけたままPCが反応するまで長押し

f:id:kotyan:20131010022657j:plain

8. うまくいけば、デバイスにexploitが送り込まれ、復元可能な状態になります。

f:id:kotyan:20131010022756j:plain

9. iTunesを起動すると、”リカバリーモードの~”とでてくるので、SHIFTを押しながら復元ボタンをクリックし、先ほど作成した認証済みFWを選択します。

10. 自動的に復元が始まります。なお、通常復元時AppleマークのところがiFaithのマークとなります。

 

以上で無事にiOS 7からiOS 6にダウングレードすることができました。興味のある方は是非自己責任でお試しください。

4 thoughts on “iOS 7からiOS 6にダウングレードしてみた [方法]”

  1. iPhone4を7.1.2から6.1.3にダウングレードしたくてココへたどり着きました。
    現在でもこの方法が有効でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

※投稿前にコメントポリシーをご確認ください