iPhone 7 開封レビュー & ケースや今後の運用などについて

ついに本日iPhone 7発売です!私も9/9 16:01~のオンライン予約争奪戦に参加し、本日iPhone 7を無事ゲットすることができましたので、開封レビュー・私が購入したケースの紹介や今後のスマートフォン運用などについて記しておきます。

iPhone 7 開封レビュー

外観

私が購入したのは、「SIMフリー版 iPhone 7 ブラック 256GB」です。

dsc_0093dsc_0092

私が今まで使用していたiPhone 6s ローズゴールドと並べてみました。

dsc_0094

6/6sではダサかったアンテナ線が隠れてすっきりとしたデザインになっていますね。ブラックかっこいいです。また、iPhone 7は6sより5g軽くなっていますが、持ち比べてみると意外とその差が分かりました。

使用感(ファーストインプレッション)

iPhone 7を初めて触ったまず一番に気づくのは、ホームボタンです。iPhone 7から、ホームボタンにクリック感がなくなり、Taptic Engineが振動でフィードバックします。この感覚が新鮮でした。設定でこの振動の強さなどは調整できます。ここは好みが分かれそうですが徐々に慣れていくと思います。

動作もサクサクで申し分ありません。カメラも高画質になったことを実感しています。イヤホンジャックがなくなりましたが、Lightingからの出力がデフォルトになったことで逆に、今までより音がパワフルかつ高音質に聴こえると感じる人も多いかもしれません。

ケースについて

iPhone 7のケースについてですが、私はTPUクリアケースである以下の商品を購入しました。

iPhone 6sを使用していた際は手帳型ケースだったのですが、今回TPUクリアケースにしました。その一番の理由が、手帳型ケースは重くて分厚いということ。iPhone 7がFeliCaに対応した(運用開始は10月末頃)ためカードをわざわざiPhoneと一緒に持ち歩く必要もありません。iPhone 7の薄さやデザインを活かせるのはTPUクリアケースなのではないかと思ったため今回購入した次第です。また、液晶保護フィルムは私は付けずに、その代わりにハンドストラップをケースにつけています。

先ほど紹介したケースにもストラップホールがあります。私はXperia Z3 Compactも使用しているのですが、こちらはケースも保護フィルムも付けていませんが、未だに落としたりしていません。理由は単純で、ストラップホールにハンドストラップを付けているからです。iPhone 7は本体にストラップホールがないため、ストラップホールがあるケースを選んだわけです。

ロックボタン部分が少し硬くなること以外は、持ちやすさや機能性が良く気に入っています。しばらくこのケース&ストラップで使っていこうと思います。

今後の運用について

私は今まで、メイン機にiPhone 6s、サブ機にXperia Z3 Compactを使用していました。使いやすさは圧倒的にiPhoneが上だと私はiPhoneが日本に上陸してきたときから思っていますが、おサイフケータイ大好き人間でもあるのでXperiaも使用していたというわけです。ところが、iPhone 7がFeliCaに対応したので、10月下旬からはiPhone 7のみの運用とすることができそうです。そのため、容量も余裕を持って256GBにしたというわけです。回線はMVNOのIIJmio(docomo回線)を引き続き利用していきます。2年使っていく覚悟です。

img_0001

環境を完全にこのiPhone 7に移行して、これからガンガン使い倒していこうと思います。iPhone 6sは買い取りに出そうと思います。今までありがとうiPhone 6s、そしてこれからよろしくiPhone 7!

追記(2016/10/25):総合レビューを公開しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

※投稿前にコメントポリシーをご確認ください