業界初サブウーファー搭載イヤホン「JVC HA-FXZ200」レビュー

今回は、現在私が愛用している、業界初サブウーファー搭載イヤホン「JVC HA-FXZ200」をレビューしようと思います。

メーカーはJVC(Victor)です。このメーカーは、音作りに関して業界の最先端を走り続けています。そして、実売価格に対するパフォーマンスがとても素晴らしいことで有名です。私はJVC(Victor)の音が大好きなので、好きなヘッドホン・イヤホンメーカーとして、一番にJVC(Victor)を挙げます。
さて、それではHA-FXZ200のレビューをさせていただきます。

HA-FXZ200について

HA-FXZシリーズは型番100/200と2つあり、200はPremium Modelとなりますが、実売価格は100/200はほとんど変わらないので、買うなら音質的にも200がおすすめです(後述します)。様々な賞も獲得しています。

特長

・リアルな重低音と解像度の高い中高音再生を両立する新構造“ライブビートシステム”(特許出願中)
・リアルな重低音を再生する業界初※ストリームウーハー搭載(特許出願中)
・専用チューニングした当社独自の“ツインシステムユニット”
・ユニットの性能を引き出す“ブラスバスユニットベース”採用
・全帯域の解像度を高める銀コートOFC線を採用

(公式サイトから引用)

インナーイヤーヘッドホンHA-FXZ200製品情報 | JVC

定価:¥25,509 (税込)

実売価格:¥15,000前後


JVC LIVE BEAT カナル型イヤホン HA-FXZ200

中高音用のドライバ2つと重低音用ドライバ1つの計3つのドライバユニットで構成されているのが大きな特長です。そのため、見た目がかなりゴツイです。これが後に音質に大きく関係してきますが、これについては後述します。

レビュー 〜外観編〜

・パッケージ

1391619_1416890008539379_1464898443_n

1378116_1416890055206041_1193937964_n

・内容物

9506_1416889968539383_866382350_n

3つもドライバを積んでいるので見た目はゴツイですが、HA-FXZ200はリング部分がゴールドで高級感あります。個人的に、ゴツイ割には装着感は良いと感じました。

レビュー 〜音質編〜

※音質の感想に関しては個人差があります。参考程度でご覧ください。

(写真はポタアンをつけていますが)Walkman Fに直差しで聴いた際の感想をレビューします。このイヤホンは購入してから約1年ほど使い続けていますので、それなりにこなれているとお考え下さい。

DSC_0046

(付属イヤーピースの色は黒です。私は付属イヤーピースをなくしてしまったので同等品に付け替えています;^^)


JVC 交換用イヤーピース シリコン Mサイズ EP-FX7M

 

一番大きな点は、重低音の迫力が凄いのにそれに中高音が全く潰されておらず高い解像度で鳴らしてくれるところです。流石、高音用のドライバ2つと重低音用ドライバ1つの計3つのドライバユニットで構成されているだけあるな、と思いました。それぞれが各仕事をしっかりこなしてくれている感があります。特に、バスドラやベースの音が凄く迫力があって痺れます。クラシックにも向いていると感じました。音の性質として低音寄りですが全体的なバランスはとても良いです。

リアルな重低音と解像度の高い中高音を両立したい人にぴったりのイヤホンだと感じました。

また、下位モデルの型番100は、低音は良く出ているのですが、200より中高音の解像度が良くない印象でした。実売価格は100と200は殆ど変わらないので、迷ったら200を購入することをおすすめします。

総合評価

デザイン ★★★★☆

装着感  ★★★★☆

高音域  ★★★★☆

中高音域 ★★★★★

中音域  ★★★☆☆

中低音域 ★★★★★

低音域  ★★★★★

全体的な解像度 ★★★★☆

総合 8.0/10

JVCには、このまま音作りで業界の最先端を走り続けて欲しいです。

以上。


JVC LIVE BEAT カナル型イヤホン HA-FXZ200


JVC 交換用イヤーピース シリコン Mサイズ EP-FX7M

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

※投稿前にコメントポリシーをご確認ください