Macでハイレゾ音源を聴いてみた [方法]

昨年末頃から話題になっているハイレゾ音源ですが、moraオフィシャルブログ にてハイレゾ音源の期間限定無料配信が行われていることを知ったので、Macでハイレゾ音源を視聴してみました。方法も合わせてご紹介します。

ハイレゾ音源とは

これについてはご存じの方が多いと思います。

音楽用CDを超える音質の音楽データの総称。従来の音楽用CDのサンプリング周波数・量子化ビット数(44.1キロヘルツ・16ビット)を上回る、48キロヘルツまたは96キロヘルツ・24ビット以上の音楽データを指し、情報量が格段に大きい。ふつうコンテンツ配信サービスで音楽データを入手し、パソコンからUSB DACなどを通じてオーディオ機器に出力して再生する。ハイレゾリューション音源。

(引用元:コトバンク)

とにかく、かなり音質がとっても良い音源ということです。これを聴くにはハイレゾ音源の高周波数帯に対応したそれなりのヘッドホンなどが必要になりますが、再生に関して言えばMacでも可能ですし、たとえハイレゾ音源の高周波数帯に対応したヘッドホンを持っていなくても、情報量も増えているので既存のヘッドホンでもその違いは感じることが出来ます。

ハイレゾ音源を聴くことの出来るポータブルオーディオプレイヤーも出てきました(Walkman F880,ZXシリーズなど)。その他にもUSB-DACなどの機器もどんどん発売されています。詳しくは以下をご覧になると良いでしょう。

ハイレゾ関連商品(Amazon)

Macでハイレゾ音源を聴く方法

ハイレゾ対応と謳う機器を持っていなくても、Macでハイレゾ音源を再生することは可能です。これはMacの出力が96khzに対応しているためです。(※Mac OS X環境で96kHzを超えるサンプリング周波数にあわせて再生するには、USB-DAC等のハイレゾ対応製品が必要です。by mora)

それではMacでハイレゾ音源を聴く方法を紹介します。

0. ハイレゾ音源を購入します。今回はmoraにて期間限定無料配信中のハイレゾ音源をダウンロードしてきました。

スクリーンショット 2014-03-06 18.52.09

macaroom / you(mora ver.) (FLAC|96kHz/24bit) – 3分42秒

[3/5]NIKIIE 新曲「どこまでも」ハイレゾ&通常音源「聴き比べサンプラー」無料配信!*(NOTES)(24bit/48kHz)

容量が大変大きく、100MB超する曲もあります。

1. アプリケーション -> ユーティリティ からAudio MIDI 設定を起動し、内蔵出力のフォーマットを、96000.0Hz 2 ch-24ビット整数 にそれぞれ設定します。

th_スクリーンショット 2014-03-06 18.55.10

 

2. AudioGate をダウンロードしインストールします。ライセンス登録はTwitterアカウントを登録することで無料で行えます。

AudioGate – オーディオ・フォーマット変換アプリケーション – | KORG
3. 0でダウンロードしたハイレゾ音源を読み込みます。Addから読み込んでもよし、ハイレゾ音源ファイル右クリックからAudioGate.appを指定して起動するもよしです。

th_スクリーンショット 2014-03-06 19.10.45

 
追記(2015/12/23):App Storeから無料でダウンロードできる「VOX」というアプリケーションでもハイレゾ音源を再生できます。こちらもおすすめです。

4. 以上でMacでハイレゾ音源を試聴することが可能になります。

より本格的に聴きたい場合は、上記で述べたとおり、ハイレゾ関連商品を購入するとよいでしょう。

ハイレゾ関連商品(Amazon)

感想

私は以下の記事でレビューしたJVC HP-RX900 で視聴しました。

高コストパフォーマンスなおすすめヘッドホン「Victor HP-RX900」レビュー | Kotyan Life
やはり情報量の多さを感じました。音の広がりがものすごくよく感じられました。これであとはハイレゾ対応と謳っている製品を用意すれば更に多くの感動を味わうことが出来るだろうな、と感じました。しかし、このような商品が高めなことや容量が非常に大きいこともあり、まだまだハイレゾは普及していないように感じられます。今後の動向に注目したいところであります。

ハイレゾ関連商品(Amazon)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

※投稿前にコメントポリシーをご確認ください