3DS HBL FW 9.0~11.0に対応したBASICSploit リリース [導入方法]

3DS HBL (HomeBrew Launcher) Hackといえば、Cubic Ninjaを利用した方法が最もポピュラーでしたが、eShopでの販売停止やカートリッジ版の価格高騰に伴い、現在手を出しにくい状況です。そんな方に朗報です。MrNbaYoh氏がFW 9.0~11.0に対応したBASICSploitをリリースしました。今回はこれについて導入方法を含めて紹介します。

BASICSploitについて

プチコン3号 SmileBasic」という3DS上でBASIC言語を扱えるソフトを利用したHBL導入のことです。なかなか有名なソフトなので知っている方も多いと思います。eShopで購入できます。価格は1000円です。

※追記(2016/07/12):eShopでの配信が終了しました。しかし、開発者さんによると、修正を施して対策版を再配信する予定のようです。
n00

BASICSploit 導入方法

※改めて言うまでもありませんが、必ず自己責任で行ってください
2016/07/11時点ではJP版には対応していません。今後JP版をリリース予定とのことです。

0. まず自分の使用している3DS FWバージョンを確認します。ホームから本体設定を起動することで確認することが出来ます。

th_DSC_0243

1. homebrew starter kitをダウンロードし解凍して、SDカードのルート部分に展開したファイルを全て移動します。
th_スクリーンショット 2015-07-18 16.33.03

2. SmileBasicを起動して、”BASICSPLOIT” という名前のプロジェクトを作成します。

3. “DOWNLOADER” という名前のファイルを作成します。

4. 作成したファイルに、BASICSploitホームページ に記載されている、自分の環境にあったバージョンのスクリプトを記述します。

5. 3DSがインターネットに接続していることを確認し、作成したスクリプトを実行します。必要なファイルがすべてダウンロードされ、ゲームメニュー上で動作します。

6. “Download/Update”オプションを選択して、haxペイロードをダウンロードします。

7. 以上の作業を完了後、メニューの最初のエントリから起動することができます。

導入後HBLを起動する際は、BASICSPLOITのスクリプトを起動すれば立ち上がります。

3ds/ディレクトリに自作ソフトを転送することで、3DS HBL上で起動できるようになります。STARTボタンで自作ソフトの終了及び、HBLの終了メニューを呼び出せます。HBL終了メニューでAボタンを押すことで、本体を再起動して通常のホーム画面に戻ることが出来ます。


New ニンテンドー3DS ブラック

「3DS HBL FW 9.0~11.0に対応したBASICSploit リリース [導入方法]」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

※投稿前にコメントポリシーをご確認ください