今話題のウェアラブル端末「SmartWatch 3」 レビュー

Apple Watchなどの発表もあり、最近ウェアラブル端末が話題になっている印象があります。今回私はウェアラブル端末である「SmartWatch 3」を購入し、使い始めて一ヶ月ほど経ちましたので、レビューしようと思います。(Apple Watchとの比較も少々しています)

SmartWatch 3について

詳しくはSONY公式サイトを見ていただくとして、ここでは特長を簡単にまとめておきます。

  • Android Wear搭載
  • 天気や電話・メール・SNSなどの新着情報を通知
  • 音声で必要な情報を検索可能
  • 音声でメールやメッセージを返信可能
  • 音楽を楽しめる (ワイヤレスヘッドセットが必要)
  • 様々なアプリをダウンロードして楽しめる
  • Google FitやLifelogアプリなどを使ったライフログ機能搭載
  • 防水防塵対応 (IP68相当)

SmartWatch3 SWR50 | ソニーモバイルコミュニケーションズ

Android Wearを搭載しており、Android 4.3以上搭載のスマートフォンとBluetoothで接続連携します。決してSONYのスマートフォンでないとダメというわけではなく、Android 4.3以上が搭載されていれば基本的にどのスマートフォンでも連携可能です。スペックに関しても、CPUは1.2GhzのQuad-core、RAMは512MB、eMMC 4GB搭載と、腕時計にしてはなかなかのものです。各種センサーに加えてGPSも搭載されていたり、しっかり防水防塵に対応しているところもポイントです。
値段は25,000円前後です。

ソニー Bluetooth4.0 リストバンド型活動量計 ブラックSONY SmartWatch 3 SWR50-B

レビュー

SmartWatch 3 購入動機

私はしばしばスマートフォンにくる通知を取り逃がしてしまうことがあります(特に電話/SMSの着信)。これは周囲のことを考えて基本的にスマートフォンをマナーモードで使用しているためです。マナーモードにしているもののバイブレーションはオンにしていますが、ケースをしているため通知を受け取っても気づかないことが多々あるというわけです。そこで、スマートフォンの通知を教えてくれるウェアラブル端末を購入しようと思いました。コストパフォーマンスに優れたものが「SmartWatch 3」でしたので購入した次第です。Amazonで購入しました。


ソニー Bluetooth4.0 リストバンド型活動量計 ブラックSONY SmartWatch 3 SWR50-B

外観

16564380153_1d033a6504_o - コピー

同梱物は、本体・USBケーブル(充電用)・保証書 です。

16998383039_312277dcd8_o - コピー

バンドもつけやすくて調節しやすく、本体に関しては少しゴツイなと最初は感じたものの、付けているうちに違和感がなくなっていきました。前世代のSmartWatch 2よりはかなり自然な感じです。物理ボタンに関しても、1つだけですのでApple Watchとくらべてもシンプルで良いと多います。

セットアップ

まずは、スマートフォンにAndroid Wearをインストールする必要があります。

16997035730_9feae759f3_o - コピー

17220411771_b228f3c0f6_o

Android Wearをスマートフォンにインストールすると、SmartWatch 3でも数分かけてインストール作業が行われます。このとき、スマートフォンのBluetoothをオンにしてペアリングしておきます。当たり前ですが、SmartWatch 3を使用するときはBluetoothをオンにしておく必要があります。

17033210688_0c2f8c3300_o

Android Wearアプリでは、ウォッチフェイスを始め、いろいろ設定ができます。基本はデフォルトのままで良いでしょう。設定するとしたらまずはウォッチフェイスです。私は”Weather Watchface”を主にウォッチフェイスとして使用しています。天気・最高/最低気温・スマートフォン/SmartWatchのバッテリー残量の確認がすぐできるのでおすすめです。その他、様々なウォッチフェイスがあるので、Google Playで見つけてみると良いですね。

時計を見る動作をすると自動的にバックライトが付き、その動作をしなくとも、バッテリーを抑えつつ視認性が高い状態で常に時間を確認することが出来ます。時計としての基本はしっかりおさえていると思います。

16564384133_dd9ecbcb4a_o - コピー

使い勝手・機能

なんといっても、新着情報をすぐに確認できるのが便利です。自分だけが気付くバイブレーションで知らせてくれます。LINEやTwitter、Gmailなど、あらゆる新着情報をリアルタイムで通知してくれます。返信は音声で出来ます。音声で返信するのに抵抗がある場合は、ポケットに入っているスマートフォンを取り出して返信すればよいですね。なにより、「新着情報にすぐ気づける」という点が私は非常に便利だと思っています。また、電話の着信に対する応答もスムーズです。たとえば電車の中で電話がかかってきたとき(もちろんスマートフォンはマナーモード)、自分にしかわからないバイブレーションで知らせてくれてすぐに拒否することができます。

17183973881_1702b75cea_o - コピー

上に引き上げてタップすれば全文を見ることができ、左にスワイプすれば返信・右にスワイプすれば通知を削除できます(LINEの場合、SmartWatchで全文を読んで通知を削除しても既読扱いになりません)。

17184559355_dff46c343f_o - コピー17158648456_298b58b10b_o - コピー

歩数などをGoogle Fitと連携してすぐに確認できるのも良いです。SmartWatch 3自体にセンサーやGPSが付いているので、私はまだSmartWatch 3を単体で持ち歩いていませんが、スマートフォンがなくても確認できるはずです。

16997041250_c5fbef0443_o - コピー

16562144784_3c39d3cfa4_o - コピー17183980271_39bd518753_o - コピー

意外に便利で面白いと感じたのは、Google Nowとのリアルタイム連携です。Google Nowを有効にしていると、自分の行動範囲が分析されて、自分が知りたい情報を自分が調べる前に表示してくれます。スマートフォンでこれは以前から利用できていましたが、それを手元のSmartWatchですぐに確認できるのは便利です。例えば、ある場所にきてふとSmartWatchを見ると、その場所の天気予報が表示されたり、毎日の通勤時間パターンを分析して自分が通勤する時間帯にふとSmartWatchを見ると、職場まであと~分”などと(逆もしかり)表示してくれます。最初はかなり驚いたものです(笑)

また、Evernoteや遠隔カメラ操作アプリ・計算機などのサードパーティ製アプリをGoogle Playからインストールすることができます。インストール作業は手元のスマートフォンで行いそれがSmartWatch 3にインストールされます。また、これらのアプリを起動するためのランチャーアプリも便利ですが、近々Android Wearがアップデートされ、すぐにアプリの起動ができるように改善されるようですのでここでは割愛します。また、予定リストの確認・メモ・リマインダー登録・SMS/メール送信・アラーム・タイマー・ストップウォッチ・音楽コントロールなどの便利な機能も標準でついています。

バッテリー

スマートウォッチで一番不安視されるのが「バッテリーの持ち」です。Apple Watchでは18時間ほどしかバッテリーが持たないと言われていますが、このSmartWatchは2日ほど持ちます。さらに私の場合、外出時以外は使わないので電源を切っており(寝るときなど)、毎日朝から夕方まで電源をオンにしていて4~5日ほど持っています。私が思っていたよりはるかにバッテリーが持っており満足しています。バッテリー充電時間もあっという間です。

唯一残念なところ

唯一残念なところがあります。それは「充電のしにくさ」です。汎用性の高いmicroUSBコネクタを採用しており、しかもそれが裏にあるため、挿しにくい・抜きづらくなっています。汎用性はありませんがやはり、マグネット型のほうが良いのかなぁと思ってしまいます。

感想

思っていたより電池が持ち、かなり便利なので重宝しています。Apple Watchも触ってきましたが、コストパフォーマンスは圧倒的にこのSmartWatch 3の方が上だと思います(対応機種がiPhoneかAndroidかの違いと言っても過言ではない)。そしてSmartWatch 3を外で使っていて感じたのは、iPhoneが日本に上陸した際に外でiPhoneを使っていた時の感覚です。つまり私は、スマートウォッチが将来的に普及していくのではないかと思っています。Apple Watchがその立役者になりそうではありますが、スマートウォッチOSは現時点でAndroid Wearの方が一歩リードしており、日々使いやすくなっています。 スマートウォッチに興味のあるAndroidユーザーの方には是非おすすめの製品です。(現在iPhoneでもJailbreakしていればAndroid Wear搭載のスマートウォッチを使えたり、今後Android Wear側がiPhoneに対応するという噂もあるので、iPhoneユーザーにもおすすめできる日がくるかも)。

ソニー Bluetooth4.0 リストバンド型活動量計 ブラックSONY SmartWatch 3 SWR50-B

4 thoughts on “今話題のウェアラブル端末「SmartWatch 3」 レビュー”

  1. kotyanさんご無沙汰しております。
    私はXperia Z1 au SOL23を使い始めた時からSmartWatch2を使っています。
    SW2はSONY独自のOSで動いていましたがSW3からは他のスマートウォッチと同じくAndroid Wearになったんですね。
    SW2も使い始めから2年近く経つと、2日以上持ってたバッテリーが18時間くらいで0%になるくらいまでへたってきました。ってこれでApple Watchと同じくらいかw
    こうして考えるとApple Watchも2年近く使ってのバッテリーがへたるとどうなっちゃうんでしょうかね。
    私も仕事中はスマホに着信があっても鳴らすことが出来ないのでサイレントにしていますが、
    それでもどうしても出ないといけない電話は掛かってきますのでスマートウォッチのお陰で本当に重宝しています。
    XperiaもZ4に買い換えようかと考えていたので、SW2もこれ以上バッテリーの持ちが悪くなったら、SW3に変えてもいいかなと考えています。
    またSW3について色々教えてくだされ。

    1. コメントありがとうございます。
      確かにバッテリーの劣化は避けられませんよね… Apple Watchはバッテリー交換が出来るという噂ですが、Apple WatchにしろSmartWatchにしろ、2年経ったら新しい機種が出ていると思うので、私はそれに買い換えてしまうと思いますw

      1. 私の場合Xperia Z1買った時のキャンペーンで5,000円引きで、1万円しなかったと思うのでバッテリー交換してたら買い換える方が安いでしょうね(^^;)
        ASUSのZen Watchや噂のあるMotorolaのmoto 360の後継機も興味ありますね。
        暫くApple Watchに対抗して色々出てくると思うので楽しみです。

        1. そうですね。また、ハードウェアだけでなくソフトウェア面においても、(Apple Watchのリリースを意識してか)近々Android Wearの大規模アップデートがリリースされ、SW3などにおいてはWi-Fi機能が解禁されるなどの大幅な機能アップが予定されていますので、そちらの方も期待したいと思っています(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

※投稿前にコメントポリシーをご確認ください