mr.gas氏がVitaゲームのバックアップ起動に成功した模様

mr.gas氏がTwitterにて、Vitaゲームカード内のゲームデータをダンプし、Vitaメモリカードから起動することに成功したと発表しました。

YouTubeにて動画も公開されています。

また、以下の条件があるとも発表しています。

  • ゲームを起動前に一度そのゲームのVitaゲームカードを挿しておく必要がある
  • Vitaを再起動した際は、その都度Vitaゲームカードを一回挿し直す必要がある

つまり、バックアップゲームを起動前に一回そのゲームのVitaゲームカードを挿しておけば、その後そのVitaゲームカードを抜いてもそのゲームで遊び続けることができるということです。

ついにVitaゲームのバックアップ起動が実現するのか?といったことになってきましたが、Vitaゲームカードが必要になってくるという点は良いことですね。少なくとも、PSPの時のように違法コピーが”蔓延する”ということはなさそうです。しかし逆に、このVitaゲームカードのチェックというセキュリティ機能が破られた場合、違法コピーゲームの起動が可能になってしまうのでそれはなんとか避けたいところです。

理想形としては、ゲーム起動時にゲームカードのチェックが入るセキュリティは破らずに(破られずに)、VitaゲームカードをVitaメモリカードにバックアップできるようになり、複数のゲームカードを持ち歩かなくてもゲームを起動できるようになることですね(前述のとおり、先に全てのVitaカードを一回入れて読み込ませてゲームカードのチェックを済ませ、外出時にはVitaを再起動しないようにしておく必要がありますね)。

ただ、Vitaゲームのほぼ全てはDL版がPS Storeで売られていますから、果たしてバックアップ起動にそこまで意味はあるのか?と言われると正直無いように思います。前述の理想形が実現としたとしてもVitaゲームカードの貸し借りがあった場合、結果的にコピーゲームを起動してしまうことになりますしね。個人的には違法コピーに繋がるのであればバックアップ起動方法を公開する必要はないのではないかと思います。今後のゲーム業界のためにも。そして我々ゲームファンにとっても。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

※投稿前にコメントポリシーをご確認ください