Mac miniのHDDをSSDに換装してみた その1 〜SSD取り付け編〜

こんにちは。私はMac mini (late 2012)を母艦として使っています。ずっとHDDで使ってきていたのですが、最近少々動作のもたつきが気になり始めたのでSSDに換装しました。そのレポートを、その1  〜SSD取り付け編〜と、その2 〜環境復元編〜の2回にわけて行おうと思います。この記事は、その1  〜SSD取り付け編〜となります。

準備したもの

SSD

IMG_0048

SSD換装の目的は、OSやアプリケーションの起動高速化が主です。よって、読み込み・書き込み速度が早く、コストパフォーマンスが高いものを選びました。Samsung SSDが人気のようです。500GB以上は値段が張るため、バランスの良い250GBを購入しました。2014年7月現在、以下の製品がSamSung SSDで一番コストパフォーマンスが高いものとなっています。


Samsung SSD840EVO ベーシックキット250GB MZ-7TE250B/IT (国内正規代理店 ITGマーケティング取扱い品)

 

外付けHDD

SSDとは別に一応用意しておきたいのが外付けHDDです。SSDは値段が下がってきているとはいえまだ高く(2014年7月現在)、気軽に大容量のものは買えません。そこで、一部の大容量データを外付けHDDに移すというのも1つの手です。(Mac miniはSSDを増設してSSD+HDDの2台構成にすることも可能なのですが、Kitが必要であったりバラシの難易度が結構上がるので、今回は換装ということでレポートしています)

私は、TimeMachine(バックアップ)の用途を兼ねて、2TBの外付けHDDをパーティションで区切って使い分けています。以下の製品で1年以上使っていますが、安定していて今のところ不具合はありません。USB3.0接続でコストパフォーマンスが高いのでおすすめです。


BUFFALO USB3.0 外付けハードディスク 【Wii U動作確認済み】 PC/家電対応 2TB HD-LB2.0TU3/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]

HDD/SSDケース

IMG_0049

換装後に取り出したHDDのケースです。バックアップからの復元の際に必須です。簡単に取り付けできてUSB3.0接続で安いものを選びました。動作も問題ありません。


玄人志向 2.5インチ USB3.0接続 ハードディスクケース GW2.5TL-U3/BK

トルクスドライバー

IMG_0050

Macを分解するときに必要です。T6とT8があれば良いのですが、以下の全部揃っているものを購入しました。安いにもかかわらず作りがしっかりしており問題なく使えました。


AC6088A 38in1特殊ドライバーセット トルクス ヘクスローブ 六角棒 Y型 三角ネジ 五角 ペンタローブ プラス マイナス iphone5 アイフォン ハッピーセット コンパクト

換装作業

概要

手順としては、

  1. 裏蓋を外す
  2. ファンを外す
  3. 左カバーを外す
  4. Wi-Fiアダプタのある網部分を外す
  5. 内蔵HDDを外す
  6. HDDのネジとコネクタをSSDに付け替える
  7. SSDを取り付ける
  8. Wi-Fiアダプタのある網部分を付ける
  9. 左カバーを付ける
  10. ファンを付ける
  11. 裏蓋を付ける

という流れです。いまいち不安な場合は、様々なサイトやYouTubeに動画が上がっていたりするので参考にしてみるとよいでしょう。難易度は易しい方だと思います。

ポイント

上記換装作業中に私が感じたポイントをまとめておきます。

  • 手順2で、ファンを外す際はロジックボードにコネクタがささっているのでこれと一緒に取る必要があります。マイナスドライバなどを使い、断線しないよう慎重に取り外しましょう。
  • 手順3で、左カバーがどう外れたかを覚えておきましょう。手順9で左カバーを再び取り付けようとした際に、うまくはまらないことに動揺することがなくなります。
  • 手順4で、こちらのWi-Fiアダプタのある網部分はコードとつながっていますので、断線しないよう慎重に外しましょう。コード部分は抜かずにそっと脇にずらしておく感じでOKです。
  • 手順5で、HDDはコネクタを上にあげて外しましょう。
  • 手順6で、HDDのネジとコネクタをSSDに付け替えますが、HDDのシールを取ってからコネクタを取り外します。
  • 手順7で、SSDの取り付けですが、Mac miniの底面側の穴の開いたところにネジをした部分がうまく入るようにします。少し苦労するかもしれませんがうまくはめましょう。その後コネクタを下に下げて固定します。

(手順5まで)

IMG_0051

(手順7まで)

IMG_0054

換装作業後

HDDをケースに入れる

上記セクションで紹介したケース使えば簡単に取り出したHDDを収納でき、外付けHDDとして使うことが出来るようになります。

IMG_0056

Trimを有効にする

Macで使用する場合は、Trimが無効になっていますので、Trim Enablerをダウンロードして有効にしましょう。Trimを有効にした後再起動する必要があります。

スクリーンショット 2014-07-26 15.16.15

HDD vs SSD 速度比較

HDDとSSDの速度比較をしてみました。なお、当方、バックアップから復元した後に速度測定しているので、少し低めのベンチとなってしまっている可能性が高いことをご了承下さい。

HDD

10565279_1570751696486542_8936873609389251242_n

SSD

スクリーンショット 2014-07-26 17.26.52

 

以上のように、かなり速度アップしています。今回購入したSamsung SSDのパフォーマンスも高いことが分かりますね。

感想

起動がHDDの頃と比較にならないレベルで早くなりました。私は常駐ソフトを起動時に多めに起動するようにしているので、HDDでの起動速度に不満がありました。それが解決出来ました。ただ、SSDにして一気に大量のソフトを起動することが出来るようになったため、測定したところ、起動時にCPUを結構使っていました。とにかく、あらゆる操作が快適になり大満足です。一部のデータは外付けHDDとやり取りをしていますが、どんどんSSDの値段が安くなって大容量化した際にはまた新しいSSDを購入しようかなと思います。

次回その2では、Mac及びBootCampの環境復元についてのレポートをまとめようと思います。

Mac miniのHDDをSSDに換装してみた その2 〜環境復元編〜 | Kotyan Life

以上。


Samsung SSD840EVO ベーシックキット250GB MZ-7TE250B/IT (国内正規代理店 ITGマーケティング取扱い品)


玄人志向 2.5インチ USB3.0接続 ハードディスクケース GW2.5TL-U3/BK


AC6088A 38in1特殊ドライバーセット トルクス ヘクスローブ 六角棒 Y型 三角ネジ 五角 ペンタローブ プラス マイナス iphone5 アイフォン ハッピーセット コンパクト


BUFFALO USB3.0 外付けハードディスク 【Wii U動作確認済み】 PC/家電対応 2TB HD-LB2.0TU3/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

※投稿前にコメントポリシーをご確認ください