Windows上にMac OS X Yosemiteをインストールしてみた [方法]

MacにBootCamp機能を利用してWindowsをインストールすることは可能ですが、Windows PCにMac OSをインストールすることは通常できません。しかし今回、Windows上にMac OS X Yosemiteをインストールすることに成功したので、方法を含めてまとめておこうと思います。

前置き

Hackintosh(OSx86)について

Windows搭載マシンでMacをブートするHackintosh(OSx86)と いうプロジェクトが存在します。Mac OSはハードウェアに大きく依存するのでAppleの開発するハードウェア上でしか通常動かないのですが、Intel製Macが出始めてからOSx86プ ロジェクトは大きく発展することになります。しかし、Appleは自社製品以外のIntelプロセッサ搭載PCにMac OS Xをインストール・動作させることを認めていません。よって、Hackintosh自体グレーな行為であり、何が起こっても自己責任で対応する必要があります。なお、Apple製品以外のIntelプロセッサ搭載PCにMac OS Xをインストール・動作させているPCの総称をHackintosh(OSx86)とも言います。また、その行為を、間接的に「夢を見る」と言うことも多いです。

方法の種類

Windows PCにMac OS X Mavericksをインストールする方法はいくつかあります。

  1. UniBeastでカスタムインストーラーを作ってフルインストールする
  2. VMwareなどの仮想環境を改造してそこにインストールする

1 の方法のメリットは、本来の動作速度で動かすことができるということですが、そもそも、インストールの段階でハードウェア的なエラーが出る場合がかなりあります。ハードとの相性が良くないと1の方法でMacをインストールすることは難しいです。そのため、CPUやマザーボードをはじめとしたハードウェアとの相性を確認するという手間があったり、かなり敷居が高いです。一方、2の方法のメリットは、インストールの敷居が1の方法に比べて低いということです。仮想環境にインストールするためハードウェア的なエラーはほとんど出ません。しかし仮想環境で動かすため、動作パフォーマンスは1の方法でインストールし たものと比べて、多少落ちます。

今回は敷居の低い2の方法を紹介します。もちろん2の方法でも環境によってインストール出来ない場合もありますので、その際は諦めて下さい。

必要なもの

※必要なものの中に、Mac OS X Snow Leopard v10.6.8以降を搭載したMacまたはHackintosh とありますが、もしIntel Macを持っていない場合は、ネットブックにMac OS X Snow Leopardをインストールしてみた [方法] のやり方で、Mac OS X Snow Leopard v10.6.8以降を搭載したHackintoshを作成可能です。

※VMwareは、Workstation 11, Player 7 での動作を確認しています。

手順

1. Mac App Storeから「OS X Yosemite」をダウンロードします。ダウンロード後、インストーラが起動しますが終了させます。この時点でOS X Yosemiteインストーラは/Applications内に入ります。

スクリーンショット 2015-04-05 13.55.27

2. Terminalにて以下のコマンドを順番に実行して、ISOイメージを作成します。作成されたISOイメージはデスクトップに作成されます。

3. VMware Unlocker v2.0.4 をダウンロード・解凍し、ファイル内のwindowsフォルダ内にあるwin_install.cmdを管理者権限で実行します。これにより、VMwareにMac OSをインストールできるようにパッチが当てられます。

4. VMwareを起動し、新規仮想マシンを作成します。OSは手順2で作成したYosemite.isoを選択します。

th_yosemiteinwin01

5. 手順3でパッチを当てたことにより、ゲストOSでMac OS Xを選択できるようになっていますので、Mac OS Xを選択し、ドロップダウンメニューからはOS X 10.10を選択します。

th_yosemiteinwin02

6. 仮想ディスクを単一ファイルとして格納するを選択します。

th_yosemiteinwin03

7. 自分の環境に合わせてハードウェア環境をカスタマイズして完了。

th_yosemiteinwin04

8. 仮想マシンを再生するとインストール画面が立ち上がります。

th_yosemiteinwin05

※ここでエラーが出て仮想マシンが起動しない場合は、仮想マシンをシャットダウンして仮想マシンの.vmxファイルに下記を記述して、再度仮想マシンを起動してください。

th_yosemiteinwin10

9. ディスクを選択するところにきたら、ユーティリティ -> ディスクユーティリティを開きまます。そしてパーティションタブを開き以下のように設定し、適用をクリックします。

  • パーティションのレイアウト:1パーティション
  • 名前:適当でOK
  • フォーマット:Mac OS 拡張(ジャーナリング)

th_yosemiteinwin06

10. 手順9で作成したHDDを選択すると、インストール作業が始まるのでじっくり待ちます。

th_yosemiteinwin07th_yosemiteinwin08

11. インストール完了後、セットアップしていきましょう。セットアップ後ログインするとデスクトップが立ち上がります。

12. CD/DVD設定で、VMware Unlocker v2.0.4 ファイル内のtoolsフォルダ内にあるdarwin_snow.isoを選択し、接続をクリックすると、VMware Toolsがマウントされるのでインストールします。これで、画面解像度が最適化され、ホストOSとのファイル共有がスムーズにできるようになります。

th_yosemiteinwin09

13. 再起動すれば完了です。お疲れさまでした!

DSC_0073

14. あとはキーボード配列を設定します。仮想マシンをシャットダウンして、この仮想マシンの.vmxファイルをテキストエディタで開き、下記を記述します。

th_yosemiteinwin11

15. 編集後仮想マシンを 起動すると、キーボード設定アシスタントが起動するので、指示にしたがってセットアップします。これで全て完了です。

注意

ソフトウェア・アップデートからアップデートすると、仮想マシンが起動しなくなる可能性が高いです。Apple公式ホームページからアップデートファイルを手動でダウンロードしてインストールするようにしたほうがよいでしょう。

備考

必要なもののセクションにも書きましたが、OS X YosemiteインストーラをダウンロードしYosemite.isoを作成するためには、Mac OS X Snow Leopard v10.6.8以降を搭載したMacまたはHackintoshが必要です。しかし、もしIntel Macを持っていない場合は、ネットブックにMac OS X Snow Leopardをインストールしてみた [方法] のやり方で、Mac OS X Snow Leopard v10.6.8以降を搭載したHackintoshを作成可能です。このHackintoshでOS X YosemiteインストーラをダウンロードしYosemite.isoを作成することが可能です。よって上記記事は重要と言えます(もちろん上記記事の方法は、ネットブックに限らず、他のデスクトップマシンやノートPCでも可能です)。

感想

CPU2コア・メモリ4GBを割り当てましたがなかなか重いです。実用的とは言えないでしょう…
ただ、タッチパネル対応のWindows PCにYosemiteをインストールすると、タッチパネルでMacを操作できる感覚を楽しめるのが面白いです。
DSC_0070

Hackintoshはお遊びでやると楽しいですが、常用利用する際はちゃんとMacを購入しましょう(もちろん私の母艦はIntel Macです)。夢から覚めたらちゃんとMacを買いましょうね。

以上。


APPLE Mac mini (1.4GHz Dual Core i5/4GB/500GB/Intel HD 5000) MGEM2J/A

3 thoughts on “Windows上にMac OS X Yosemiteをインストールしてみた [方法]”

  1. こちらの記事を参考に導入してみました。ありがとうございます。
    一つどうにもいかないことがありまして、
    VMware Tool インストール後、解像度が最適化されるはずだと思うのですが、
    1024×768の設定のままで、ほかに選べる選択肢も出てこない状況です。
    Unlocker1.3 2.06同梱のものをそれぞれ試してみましたが変わりません。
    何か、ご存じであれば教えていただけますでしょうか?
    どうぞよろしくお願いします。

  2. お世話になります
    どうしてもWindows上のOracle VM VirtualBoxにMac OS X El CapitanをインストールしたいのですがUnibeastのところでUniBeastで起動可能なUSBドライブを作成します。USBドライブを挿入 2。オープン/ アプリケーション/ユーティリティ/ディスクユーティリティ 3。左の列のUSBドライブを強調表示します。この部分でUSBをフォーマットしてパーティーションを表示させようとしてもグレーのままで表示されません。次に進めないのですが原因がわかりません。フォーマットはできます。ご存知でしたら教えてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

※投稿前にコメントポリシーをご確認ください