PS Vitaを最新FWバージョンにせずにPSNに接続する方法

PS Vitaは通常、最新FWバージョンでなければPSN及びそれらの関連サービスをVitaから利用することができません。ただ、Vitaを最新FWバージョンにしなくとも、PSNに接続する方法はあります。しかし、この方法は環境によって上手くいかなかったり、対策される可能性が高いので、出来ない場合は諦めて下さい。


※以下の作業は全て自己責任で行って下さい

準備するもの

    PS Vita 1000 or 2000
    Windows PC

Vita Update Blocker v1.2

方法

1. Vita Update Blockerをダウンロードして解凍します。そして.exeファイルを実行します。管理者権限で実行することを推奨します。ファイアーウォールの設定画面が出た場合は、プライベートネットワークにチェックを入れて下さい。

2. コマンドプロンプトが起動するので、そこに表示されているIPアドレスとポート番号をチェックしておきます。ここでは、IPアドレスは”192.168.0.13″、ポート番号は”8080″となっています。

th_2015-05-19 01.34.43

3. VitaのWi-Fi設定にて、使用しているアクセスポイントを選択し、詳細設定を開きます。そこで’プロキシサーバーを使用する’を選択し、2.で確認したIPアドレスとポート番号を入力して下さい。

th_2015-05-19-160139

4. 設定完了後、PSNに接続し、アップデート要求ポップアップが出なければ成功です。その後は、先ほどのWi-Fi設定にて’プロキシサーバーを使用しない’に切り替えて使用します。

 

以上です。最初にも記しましたが、この方法は環境によって上手くいかなかったり、対策される可能性が高いので、出来ない場合は諦めて下さい。アカウントBANされても当サイトは一切責任を負いません。

「PS Vitaを最新FWバージョンにせずにPSNに接続する方法」への1件のフィードバック

  1. ついこの前まで使えましたが、最近対策されたっぽいです
    他に旧バージョンでPSNに接続する方法ないっぽいですし
    いよいよアプデの時なのかなぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

※投稿前にコメントポリシーをご確認ください